がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピトマトだしのほっとポトフ

管理栄養士監修レシピ掲載

トマトだしのほっとポトフ

調理時間 : 30分

エネルギー 300kcal/たんぱく質 6.9g/食塩相当量 3.1g

STORY

今が旬のトマトを美味しく食べられるよう、考案したレシピです。初夏とはいえ、朝晩冷え込む日に、温かい野菜スープはいかがでしょうか。

材料(2人分)

  • ウインナー4本(60g)
  • 玉ねぎ1/2個(50g)
  • じゃがいも中2個(140g)
  • にんじん1/2本 (50g)
  • キャベツ小1/2個(100g)
  • マッシュルーム3個(30g)
  • プチトマト6個(60g)
  • 水または鰹出汁600cc
  • 小さじ1(5g)
  • オレガノ(あれば)少々
  • 大さじ1

作り方

  1. 玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、キャベツは全て一口大に切り、マッシュルームはスライスしてプチトマトは洗っておく。
  2. 中火に油を熱したお鍋でジリジリとウインナーを焼く。
  3. ウインナーに少し焼き色がついてきたら玉ねぎ、じゃがいも、にんじんを入れて炒める。
  4. キャベツ、マッシュルーム、プチトマトを入れ、水または鰹出汁、塩を入れてしばらく強火で、沸騰したら中火で煮込む。
  5. じゃがいも、にんじんが柔らかくなったら火を止める。
  6. 器に盛り付け、あればオレガノを散らして完成。

管理栄養士からのコメント

トマトは彩りが良く、旨味成分であるグルタミン酸が含まれます。出汁に必要な甘みや酸味も含むため煮込み料理に最適です。もう少し出汁の味が欲しいなという時は、水の代わりに、鰹出汁を使うとよいでしょう。トマト出しのグルタミン酸との相乗効果で、さらに味がしっかりします。短時間で仕上げたい時は、じゃがいもや人参を小さめに切ることもポイントです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.