がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピバラの焼きチョコ

管理栄養士監修レシピ掲載

バラの焼きチョコ

調理時間 : 30分

エネルギー 178kcal/たんぱく質 2.2g/食塩相当量 0.1g

0

STORY

焼きチョコというレシピを見つけて興味を持ち、作ってみました。クッキーのようなチョコのような味わいで、「新しい」「珍しい」などと喜ばれました。ピンク色に仕上げるとバラの花のようになるので、母の日など女性への贈り物などにもよいかと思います。

材料(2人分)

  • ホワイトチョコ50g
  • 薄力粉大さじ1(9g)
  • 片栗粉大さじ1(9g)
  • 食紅少々

作り方

  1. チョコは細かく刻んで湯煎で溶かす。完全に溶けたら薄力粉・片栗粉・食紅を加えてよく混ぜ、絞り出し袋に入れる。
  2. クッキングシートを敷いた天板に①を丸く絞り出す。中央から「の」の字を書くようにするとよいです。
  3. 150~160℃に予熱しておいたオーブンで6~8分様子を見ながら焼く。冷めるまで待ち、シートからはがす。

管理栄養士からのコメント

チョコレートは脂質、糖質が多くエネルギーが高い食品です。エネルギーを摂りたいときに活用してみてはいかがでしょう。3回の食事で摂れない場合は間食の時間を利用するとよいでしょう。食欲がないときも、小さな焼き菓子なら「1つ食べてみようかな」という気分になるかもしれません。
作り方のポイントはバラの花らしくなるように、あればピンク色のチョコを使うと簡単です。今回は手に入らなかったのでホワイトチョコに食紅を加えて作っています。ミルクチョコなどお好みのチョコでも作ることができます。焼き過ぎると焦げてしまうので、ご家庭のオーブンに合わせて温度と時間の調整を行ってください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.