がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ真鯛の和風あんかけ

管理栄養士監修レシピ掲載

真鯛の和風あんかけ

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 10分

エネルギー 235kcal/たんぱく質 17.8g/食塩相当量 1.8g

STORY

真鯛は加熱すると比較的軟らかい魚ですが少しパサつきやすいので、さらに食べやすくするためにあんかけにしました。酒蒸しも電子レンジで調理すれば簡単に短時間で出来がります。

材料(2人分)

  • 真鯛(切り身)2切れ
  • 料理酒1/2カップ
  • 玉ねぎ1/8個
  • 水溶き片栗粉片栗粉小さじ1+水大さじ1
  • 【A】
  • 150cc
  • 醤油大さじ1
  • みりん小さじ2
  • 砂糖小さじ1
  • 顆粒和風だし小さじ1/2

作り方

  1. 真鯛に塩をふっておき、余分な水分を拭き取る。
  2. 皿に真鯛をのせ、上から料理酒をふりかける。ふんわりラップをし、電子レンジ(600W)で3~4分間加熱する。
  3. 鍋に【A】の材料と玉ねぎを入れ、火にかける。玉ねぎがやわらかくなったら水溶き片栗粉を加え、とろみづけをする。
  4. 加熱が終わった真鯛に③のあんをかける。

管理栄養士からのコメント

電子レンジ加熱は手軽なだけでなく、栄養素が失われにくいこともポイントです。少量しか召し上がれないときには特にそのことが重要になってきます。このレシピでは切り身をそのまま使用していますが、食べやすい大きさに切ってから加熱しても大丈夫です。また、真鯛以外にも、タラやサワラ、スズキなどのお魚もあんかけにはぴったりのお魚です。

LINEで送る
友だち追加

"真鯛の和風あんかけ"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.