サービス終了に関するお知らせ

詳しくはこちら

さっぱりタイプのジュレスープ

2018.04.25

お悩み

関連キーワード

調理時間

10

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

カニカマやジュレからたんぱく質補給

吐き気がある時は、あたたかい料理のにおいを不快に感じたり、こってりした料理が食べにくくなったりすることで、主菜(たんぱく質)の摂取量が少なくなる傾向があります。そこで加熱調理不要のカニカマをスープの具に活用しました。また、ゼラチンは豚、牛、鶏などの動物由来の製品ですので、ジュレからもたんぱく質摂取が期待できます。当院で“吐き気があって食べにくい時の食事の工夫”をテーマに開催した料理教室で紹介したレシピです。とても好評でした!

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 39 kcal

たんぱく質 5.1 g

食塩相当量 1.1 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(1人分)

【ジュレスープ】  
80cc
固形コンソメ 1/3個
塩・こしょう 少々
粉ゼラチン 2.5g
4~5かけ
   
【スープの具】  
ミニトマト 2~3個
きゅうり 1/4本
カニカマ 2本
ミントの葉 適宜

作り方

  • ミニトマトは1/4のくし切りにする。きゅうり・カニカマは7mm角位のさいの目切りにする。
  • 水、コンソメ、塩、こしょうを鍋に入れ火にかける。
  • 沸騰したら火から下ろし、ゼラチンを入れてよく混ぜて溶かす。
  • ③をボールに移し、氷を加えてよく混ぜる。
  • ④がジュレ状になってきたら、具材を混ぜ合わせる。
  • 器に盛る。あればミントの葉をかざりできあがり。

管理栄養士からのコメント

ジュレタイプの冷たくさっぱりとした料理は吐き気がある時におすすめです。嘔吐・下痢がある時は水分、ナトリウムやカリウムなど電解質が失われやすく、スープ類は水分補給にもうってつけです。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;