がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピりんごのくず煮

管理栄養士監修レシピ掲載

りんごのくず煮

STORY

幼いころ風邪をひいたり体調を崩したりしていた時に母が作ってくれました。りんごの優しい酸味と甘みが体に染みわたります。

材料(2人分)

  • りんご1個(300g)
  • 100%りんごジュース200g
  • 200g
  • 葛粉大さじ2(18g)
  • 水(葛粉用)大さじ2

作り方

  1. りんご半分(150g)を1cm角の角切りにする。
  2. 鍋にりんごジュースと水(200g)を入れ、角切りにしたりんごを入れて柔らかくなるまで煮る。
  3. 残りのりんご半分をすりおろし②に入れる。りんごの色が変わらないように鍋に入れる直前ですりおろす。
  4. 葛粉を水(大さじ2)で溶き、茶こしでこして③に加える。
  5. とろみがつくまで煮る。
  6. 器に盛り付ける。

管理栄養士からのコメント

角切りりんごとすりおろしりんごで2つの食感を楽しむことができます。りんごには水溶性食物繊維のペクチンを含むため、腸の調子を整えたり、便通を改善したりする効果が期待できます。噛むのが辛い場合には、りんごを角切りにせず、すべてすりおろすとより食べやすくなります。喉に違和感や痛みを感じる場合やにおいが気になる時は冷やして食べると良いでしょう。嚥下の状態によってとろみの具合を葛粉の量で調整すると良いでしょう。生姜を加えたりはちみつを加えたりアレンジしても美味しく召し上がれます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.