がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピメカジキとパプリカのトマトカレー

管理栄養士監修レシピ掲載

メカジキとパプリカのトマトカレー

調理時間 : 25分

エネルギー 567kcal/たんぱく質 21.9g/食塩相当量 1.7g

STORY

メカジキは食べ応えがあり、煮崩れもしにくいのでお肉の代わりになるようなメニューにぴったりだと思い、カレーレシピを考案しました。トマトベースでさっぱりとした酸味がするので、お魚のにおいが気になる方や、味覚の調子が良くない方にもおすすめです。

材料(2人分)

  • メカジキ2~3切れ(120g)
  • 玉ねぎ1個
  • パプリカ(黄)1/2個
  • 150cc
  • トマト缶1/2缶
  • カレー粉大さじ1
  • 小さじ1/2
  • バター大さじ1
  • 温かいご飯400g
  • 乾燥パセリ少々

作り方

  1. 玉ねぎはみじん切り、パプリカは太めの千切りにする。メカジキは一口大の大きさに切る。
  2. フライパンでバターを熱し、玉ねぎを15分ほど弱火で炒める。
  3. ②にメカジキとパプリカを加え、さっと炒めたら水、トマト缶、カレー粉、塩を加える。
  4. ③を少し煮詰めながら、メカジキに火が通るまで5分ほど加熱する。
  5. ご飯を丸みのある器に入れ、ひっくり返してカレー皿に盛る。カレーをよそい、乾燥パセリを散らす。

管理栄養士からのコメント

カレールウを使わずに、長時間煮込む必要もないお手軽カレーです。玉ねぎとトマトでほどよくとろみが付きます。お魚のにおいが気になる方は、トマトのような酸味のあるものと合わせると食べやすくなります。スパイシーで酸味の効いたトマトカレーは、苦みを感じやすいなど、味覚の調子が良くない方にもオススメのメニューです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.