がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ新ジャガイモの鶏そぼろあんかけ

管理栄養士監修レシピ掲載

新ジャガイモの鶏そぼろあんかけ

調理時間 : 25分

エネルギー 211kcal/たんぱく質 6.1 g/食塩相当量 1.2 g

STORY

新ジャガイモは皮が薄くやわらかいため、皮を剥かずにそのままお召し上がりいただけます。また、新ジャガイモは水分が多くしっとりとした食感が特徴で、噛むのがつらい方や、むせやすい方におすすめです。

材料(2人分)

  • 新ジャガイモ240g
  • 鶏ひき肉40g
  • さやえんどう1枚
  • だし汁400ml
  • 砂糖小さじ2
  • 小さじ1/4
  • 醤油小さじ1/2
  • サラダ油大さじ1
  • 水溶き片栗粉片栗粉大さじ1/2+水大さじ2

作り方

  1. さやえんどうは1分ほど沸騰水で湯がき、斜め細切りに切る。
  2. ジャガイモは皮の表面の汚れを水でしっかり洗い流す。
  3. 小鍋にサラダ油をひき、ジャガイモの皮を向かずに1分程軽く炒めた後、だし汁を加えて蓋をし、中まで火が通るまで20分程煮る。
  4. だし汁は捨てずにジャガイモのみ取り出し、器に盛りつける。
  5. ④のだし汁を少々冷まし、およそ100~150ml程度になっていることを確認する。鶏ひき肉をだし汁に入れ、箸で混ぜほぐし、砂糖・塩・醤油を加えて1~2分火にかける。
  6. ⑤の鶏肉に火が通ったら、水溶き片栗粉を一気に加え、とろみ付けする。
  7. 器に盛ったジャガイモに⑥のそぼろあんをかける。トッピングとしてさやえんどうを盛り付ける。

管理栄養士からのコメント

皮を剥かずに調理することで、豊かな香りが楽しめ、皮と実の間にある栄養も摂ることができます。中がしっとりとした新ジャガイモを使用することと、とろみのある鶏そぼろあんをかけることで、まとまりがよく、咀嚼や嚥下が困難な方でも食べやすいメニューになります。ジャガイモは免疫力の向上が期待できるビタミンCを豊富に含んでおり、他の食材に比べて加熱によるビタミンCの損失が少なく効率的に摂取できます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.