がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピタコライス

管理栄養士監修レシピ掲載

タコライス

調理時間 : 30分

エネルギー 358kcal/たんぱく質 15.3g/食塩相当量 1.5g

STORY

1980年代に沖縄の喫茶店で生まれたタコライス。スパイシーなひき肉とご飯がとてもよく合います。ご飯と一緒に生野菜も多く取れるのが嬉しいです。アボカドや目玉焼きを乗せてアレンジしても美味しく召し上がれます。

材料(2人分)

  • ごはん300g
  • 合挽肉100g
  • サラダ油1g
  • にんにく1/2片(5g)
  • 玉ねぎ1/2個(100g)
  • 【A】
  • ケチャップ大さじ2(30g)
  • ウスターソース小さじ2(12g)
  • 濃口しょうゆ小さじ1(6g)
  • チリソース小さじ1/4(1g)
  • レタス3枚ほど(60g)
  • ピザ用チーズ30g
  • ミニトマト(トマトでも可)3個

作り方

  1. にんにくと玉ねぎをみじん切りにする。
  2. フライパンに油を熱し、にんにくを炒める。
  3. にんにくの香りが出てきたら玉ねぎを加え、合挽肉を炒める。
  4. ③に【A】の調味料を加え、軽く煮詰める。
  5. レタスを千切りにし、ミニトマトは1/4に切る。
  6. 器にごはんを盛り、千切りしたレタスの上に④とピザ用とろけるチーズをのせる。
  7. ミニトマトを盛り付ける。

管理栄養士からのコメント

ご飯のにおいが気になるときは、出来立てよりも少し冷ましたほうが食べやすいため、タコライスのように冷ましても美味しく召し上がることができるメニューはおすすめです。スパイシーな味付けをしたひき肉と一緒に食べることで、さらにご飯も食べやすくなります。チリソースの代わりにカレー粉を使っても良いでしょう。また、吐き気がある時や香辛料の香りが気になるときには、チリソースではなくケチャップで味付けも美味しく召し上がれます。タコライスは一度にたんぱく質や生野菜が取れるので、とても栄養バランスの良いメニューといえます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.