がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピボンゴレロッソ

管理栄養士監修レシピ掲載

ボンゴレロッソ

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 20分

エネルギー 415kcal/たんぱく質 13.2 g/食塩相当量 1.5 g

STORY

春の旬食材、あさりを使ったパスタ料理です。ボンゴレとは、イタリア語であさりなどの2枚貝のこと、ロッソは赤という意味です。あさりのうま味とトマトソースの酸味が効いているため、味が感じにくくなっている方に是非お召し上がりいただきたいメニューです。

材料(2人分)

  • パスタ160g
  • あさり(殻付き)10粒程度
  • 玉ねぎ1/4個
  • ニンニク1片
  • オリーブオイル大さじ1
  • 白ワイン大さじ2
  • トマト缶1/2缶
  • 少々
  • コンソメキューブ1/4個
  • イタリアンパセリ少々

作り方

  1. あさりは塩水(分量外)で砂抜きをしておく。
  2. 玉ねぎとニンニクをみじん切りにし、オリーブオイルをひいたフライパンで炒める。
  3. ②にあさり、白ワイン、トマト缶、塩、コンソメキューブを加える。蓋をし、時々混ぜながらあさりに火が通るまで7~8分ほど加熱する。
  4. ③と同時にパスタを茹でる。
  5. 茹で上がったパスタを③のトマトソースに入れ、さっと混ぜる。器に盛り付け、細かく刻んだイタリアンパセリを散らす。

管理栄養士からのコメント

味がしないような場合、酸味やうま味を効かせた料理がおすすめです。
あさりはとても鉄分が豊富な食材で、同重量で比較すると豚レバーを上回るほどの含有量です。特に女性は鉄分が不足しやすいため、意識して摂りたい栄養素の一つです。鉄分以外にも、味覚の正常な機能維持に重要な亜鉛など、多くの栄養素を含んでいます。春には、是非あさりを使った料理をお試しください。

LINEで送る
友だち追加

"ボンゴレロッソ"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.