がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピきのことベーコンのクリームリゾット

管理栄養士監修レシピ掲載

きのことベーコンのクリームリゾット

0

STORY

きのこ類と牛乳の組み合わせは味も栄養価も良く、クリームソースとの相性が良いです。家庭でも人気のあるクリームリゾットにしてみました。

材料(2人分)

  • 生米1合
  • しめじ1/2袋(50g)
  • エリンギ1/2袋(50g)
  • 玉ねぎ1/4個(50g)
  • ベーコン2枚(20g)
  • にんにく1片(10g)
  • オリーブオイル大さじ1
  • バター5g
  • 白ワイン大さじ2
  • コンソメ小さじ2
  • 150cc
  • 牛乳200cc
  • ひとつまみ(0.3g)
  • こしょう少々
  • パセリ適量

作り方

  1. しめじは石づきを落とし手で小分けにする。
  2. エリンギは食べやすい大きさ・薄さに切る。
  3. 玉ねぎとにんにくを細かくみじん切りにする。
  4. ベーコンを5mm幅の千切りにする。
  5. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火で炒める。
  6. にんにくの香りが出てきたら、ベーコン、玉ねぎを加え炒める。
  7. 玉ねぎが透き通ってきたらバターを加え、しめじとエリンギを加え炒める。
  8. 弱火から中火にし、生米を加え、生米の色が透き通ってくるまで炒める。
  9. 火加減を弱火にし水、牛乳、白ワイン、コンソメを加え15分ほど煮込む。
  10. 塩・こしょうで味を調え盛り付け、みじん切りにしたパセリをちらす。

管理栄養士からのコメント

牛乳やベーコンなどの具材と合わせて炊くことでご飯のにおいが抑えられます。ご飯のにおいが気になるときは出来立てよりも少し冷ましたほうが食べやすくなります。喉に違和感がある時や食べづらい時には、牛乳の量を多くしお粥風にすることで、お米が柔らかくなり食べやすいでしょう。生米を透き通るまで炒めることで米の粘りがなく食感の良いリゾットに仕上がります。オリーブオイル、ベーコン、バターを絡ませるように炒めるのがポイントです。お好みでチーズやトマトを加えても良いでしょう。牛乳に含まれるカルシウムには神経を安定させる働きがあり、きのこ類に含まれるビタミンDにはカルシウムの吸収を促進する働きがあります。牛乳ときのこ類を一緒に摂ることで効率よくカルシウムを摂取することができます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.