がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピトマトと甘夏のゼリー

管理栄養士監修レシピ掲載

トマトと甘夏のゼリー

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 15分

エネルギー 72kcal/たんぱく質 2.2g/食塩相当量 0.0g

STORY

トマトをスイーツに使うと驚かれるのですが、さっぱりしていて美味しく召し上がれます。今回は甘夏でも作ってみました。意外なおいしさが喜ばれます。

材料(2人分)

  • トマト1/2個(125g)
  • 甘夏1/2個(正味100g)
  • 3/4カップ(150ml)
  • 砂糖大さじ2(18g)
  • 粉ゼラチン3g
  • レモン汁小さじ1/2(2.5g)
  • ミント葉お好みで

作り方

  1. トマトは熱湯にくぐらせて冷水にとって皮を剥き、一口大に切る。甘夏は皮と薄皮を除いて一口大に切る。
  2. 鍋に水と砂糖を入れて火にかけ、煮立ったらトマトを3~4分煮る。火を止めて粉ゼラチンを振り入れて混ぜる。
  3. 甘夏とレモン汁を加えて混ぜ、バットなどに移す。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。固まったらスプーンですくってグラスなどに盛り付ける。

管理栄養士からのコメント

吐き気の原因によっては無理して食べないほうがよい場合もありますが、冷たいものやあっさりしたもの、口当たりのよいものなどが食べやすいようなので、水分の多いトマトのような野菜や、ゼリーなどもお試ししてみてはいかがでしょう。このレシピでは甘夏で作っていますが、グレープフルーツも合います。また、水分の多いゼリーは口が渇く悩みがあるときにも食べやすい料理です。活用してみてはいかがでしょう。

LINEで送る
友だち追加

"トマトと甘夏のゼリー"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.