がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピえのきと鶏肉の親子煮

管理栄養士監修レシピ掲載

えのきと鶏肉の親子煮

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 20分

エネルギー 215kcal/たんぱく質 24.2 g/食塩相当量 1.3 g

STORY

鶏肉と卵で作る親子煮は簡単でおいしいのでよく作ります。今回は食物繊維が多くヘルシーなえのきも一緒に加えたアレンジにしました。えのきはクセがないので色々な料理に合わせやすくて便利です。

材料(2人分)

  • 鶏胸肉1/2枚(150g)
  • えのき1/2株(100g)
  • 2個(100g)
  • だし1カップ(200ml)
  • みりん小さじ2(12g)
  • 薄口醤油小さじ2(12g)
  • みつば3~4本(5g)

作り方

  1. 鶏胸肉は一口大に切る。えのきは石づきを切り落として2~3等分に切る。
  2. 鍋にだし、みりん、薄口醤油を入れて火にかけ、鶏肉とえのきを5分程煮る。
  3. 具に火が通ったら卵を溶いて加え、好みの固さに火を通す。お皿に盛り、刻んだみつばを散らす。

管理栄養士からのコメント

便秘のお悩みには食物繊維が役立ちます。食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があり、不溶性食物繊維は腸を刺激して収縮運動(蠕動運動)を活発にしてくれます。また、水溶性食物繊維も整腸効果があり、どちらも便秘対策にはオススメです。
きのこ類は食物繊維が豊富なので、定番の料理にもお好みのきのこを加えてアレンジしてみてはいかがでしょう。今回は親子煮にえのきを入れていますが、しめじやしいたけ、舞茸などお好みのきのこでアレンジしてみましょう。

LINEで送る
友だち追加

"えのきと鶏肉の親子煮"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.