がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピじゃが芋ニョッキ

管理栄養士監修レシピ掲載

じゃが芋ニョッキ

調理時間 : 50分

エネルギー 972kcal/たんぱく質 21.8g/食塩相当量 1.0g

STORY

じゃが芋嫌いの息子用に作ったレシピをアレンジしました。じゃが芋には、口の中の粘膜の再生を促進する働きがあるビタミンB6が豊富に含まれているので、口内炎がある方におすすめの食材です。

材料(2人分)

  • じゃが芋300g
  • 強力粉100g
  • 1/2個
  • ひとつまみ
  • バター20g
  • 牛乳200cc
  • 生クリーム200cc
  • 粉チーズ大さじ2
  • 小麦粉小さじ2

作り方

  1. じゃが芋はボイルして潰す。
  2. じゃが芋が冷えたら強力粉、卵、塩を入れて手でこねて全体がまとまったらラップに包んで30分寝かす。
  3. ②の生地を10gずつまるめて真ん中をへこませるように形成する。
  4. 鍋に水を入れて沸騰させたら③を入れてボイルする。
  5. 生地が浮いてきたら30秒ボイルして、ザルにあげる。
  6. ボウルに牛乳、生クリーム、粉チーズ、小麦粉を入れて小麦粉がとけるまで混ぜる。
  7. フライパンを熱し、バターを溶かしたら⑥を入れてとろみがつくまで熱する。
  8. ⑦に⑤をいれて全体をからめて出来上がり。

管理栄養士からのコメント

口内炎には、口腔ケアの作用があり且つ免疫機能もアップさせるビタミンB2とB6が効果的です。牛乳や生クリームはビタミンB2が豊富なだけでなく、乳製品のまろやかさで口内炎への刺激も少なくオススメです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.