がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ卵豆腐の冷やしかにあんかけ

管理栄養士監修レシピ掲載

卵豆腐の冷やしかにあんかけ

1

栄養バランス

エネルギー87kcalたんぱく質6.4g
食塩相当量1.1g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

市販の卵豆腐はそのまま食べてもおいしいですが、アレンジしても楽しめます。夏は冷たいあんかけがおいしいです。カニの上品なおいしさがよく合います。

材料(2人分)

  • 卵豆腐2個(140g)
  • カニ缶詰20g
  • だし1/2カップ(100ml)
  • 片栗粉大さじ1/2(4.5g)
  • みりん大さじ1/2(9g)
  • 大さじ1/2(7.5g)
  • うすくちしょうゆ小さじ1/2(3g)

作り方

  1. カニの缶詰をほぐし、鍋にだし・みりん・酒・しょうゆ・片栗粉とともに入れて弱火にかけ、混ぜながら加熱してとろみをつける。
  2. ①の粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし、卵豆腐にかける。(写真の木の芽は飾りです。)

管理栄養士からのコメント

やわらかい卵豆腐は食べやすいです。口の中でばらばらになってしまいそうなものでも、あんかけにすることで口の中でまとまりやすく、飲み込みやすくなるかと思います。卵豆腐は食べやすいようにだし汁の量を調整してやわらかく手作りしてもよいです。カニの缶詰も細かくする、ペーストにするなど、食べる人の状態に合わせて、無理のないように調整・工夫してください。あんかけの水分があるので、口の渇きが気になる方にも食べやすいでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© hibitasu All Rights Reserved.