がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ広島風お好み焼き

管理栄養士監修レシピ掲載

広島風お好み焼き

調理時間 : 20分

エネルギー 654kcal/たんぱく質 22.8g/食塩相当量 1.1g

STORY

広島出身の母がよく家で作ってくれる料理です。見かけ以上にキャベツをたくさん食べられる料理なので、キャベツ消費メニューにも良いです。

材料(2人分)

  • 小麦粉30g
  • 牛乳40cc
  • サラダ油大さじ1
  • かつお節2パック
  • キャベツ400g
  • 豚バラ肉120g
  • やきそば麺 蒸2パック
  • サラダ油大さじ1
  • 2個
  • お好み焼きソース大さじ4

作り方

  1. キャベツは千切りして、豚肉はお好みの長さに切る。
  2. ボウルに小麦粉をふるい入れ、牛乳を混ぜ合わせて生地を作る。(後で大さじ1量を使用するため、少量残しておく)
  3. ホットプレートまたはフライパンにサラダ油(大さじ1)をひき、②の生地を丸く焼く。
  4. かつお節を生地の上にまんべんなく乗せ、その上にキャベツを乗せる。
  5. 豚肉を上から全体に乗せ、②の生地を大さじ1量を1周かける。
  6. ひっくり返しそのまま触らず7分焼く。
  7. フライパンなら別のもの、ホットプレートなら空いている場所に、サラダ油(大さじ1)をひく。
  8. その上にやきそば麺をほぐし入れて炒め、生地と同じ大きさにまとめたら上から卵を割り入れて全体にいくようにつぶし蓋をする。
  9. ⑥を⑧の上に乗せてソースをかける。

管理栄養士からのコメント

キャベツは不溶性食物繊維をたくさん含んでいます。不溶性食物繊維には、排便を促進させる働きがあります。摂りすぎると便が固くなりやすいので、水分も一緒に意識して摂るようにしましょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.