LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

長芋の桜エビピカタ

2018.02.27

お悩み

関連キーワード

調理時間

15

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

シャキシャキ&ほくほくの食感

施設で働いている時にすりおろしたとろろ芋はよく使っていましたが、そのままの長芋を使う料理が少なかったので考案したレシピです。 長芋に少し火を通す事で、シャキシャキとホクホクの2種類の食感が楽しめる人気のレシピです。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 132 kcal

たんぱく質 5.2 g

食塩相当量 0.1 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

長芋 120g
桜エビ 4g
1個
塩コショウ 少々
ごま油 大さじ1

作り方

  • 長芋は皮をむいて、輪切り3㎝の厚さに切る。
  • ボウルに卵を割り入れて混ぜ、長芋を入れる。
  • フライパンを温めてごま油をひく。
  • 中火にして、②の長芋を焼く。
  • 塩コショウを長芋にふる。
  • 両面焼いたら、再度卵に入れる。
  • 片面を焼いている間に上に桜エビを乗せる。
  • ひっくり返して焼く。

管理栄養士からのコメント

長芋は「山の薬」とも呼ばれ、胃腸の粘膜を保護したり、胃腸の機能を回復させる働きがあります。食欲がない時や胃腸が弱っている時もオススメの食材です。ただし、火を通し過ぎると山芋の良い成分が減少しますので、火の通しすぎには気を付けましょう。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;