がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ長芋の桜エビピカタ

管理栄養士監修レシピ掲載

長芋の桜エビピカタ

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 15分

エネルギー 132kcal/たんぱく質 5.2g/食塩相当量 0.1g

STORY

施設で働いている時にすりおろしたとろろ芋はよく使っていましたが、そのままの長芋を使う料理が少なかったので考案したレシピです。 長芋に少し火を通す事で、シャキシャキとホクホクの2種類の食感が楽しめる人気のレシピです。

材料(2人分)

  • 長芋120g
  • 桜エビ4g
  • 1個
  • 塩コショウ少々
  • ごま油大さじ1

作り方

  1. 長芋は皮をむいて、輪切り3㎝の厚さに切る。
  2. ボウルに卵を割り入れて混ぜ、長芋を入れる。
  3. フライパンを温めてごま油をひく。
  4. 中火にして、②の長芋を焼く。
  5. 塩コショウを長芋にふる。
  6. 両面焼いたら、再度卵に入れる。
  7. 片面を焼いている間に上に桜エビを乗せる。
  8. ひっくり返して焼く。

管理栄養士からのコメント

長芋は「山の薬」とも呼ばれ、胃腸の粘膜を保護したり、胃腸の機能を回復させる働きがあります。食欲がない時や胃腸が弱っている時もオススメの食材です。ただし、火を通し過ぎると山芋の良い成分が減少しますので、火の通しすぎには気を付けましょう。

LINEで送る
友だち追加

"長芋の桜エビピカタ"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.