がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ甘酒のくずもち風

管理栄養士監修レシピ掲載

甘酒のくずもち風

調理時間 : 60分

エネルギー 217kcal/たんぱく質 5.2g/食塩相当量 0.3g

STORY

施設のおやつで提供していました。食事がたくさん食べられない方でも、このくずもちなら食べられたとの声も頂きました。固まるまでは時間がかかりますが、作っておけば、数回に分けて食べることも出来ます。甘酒のほんのりとした甘さが、砂糖を使ったものより受け入れやすいものにしてくれます。

材料(2人分)

  • 甘酒300ml
  • 片栗粉大さじ3
  • きな粉大さじ2
  • 黒蜜20g

作り方

  1. 鍋に甘酒、片栗粉を入れ、弱火で木べらを使い、とろみがつくまで常にかき混ぜる。
  2. とろみがつき始めたら、急に固まるので、だまにならないように全体をかき混ぜ、もち状になったところで火を止める。
  3. バットにクッキングシートを敷き、その上に②を平らに流す。
  4. ③を冷蔵庫に入れて30~60分くらい冷やす。
  5. ④が固まったのを確認したら、一口大に切り、きな粉をまぶし、黒蜜をかけて、出来上がり。

管理栄養士からのコメント

甘酒は「飲む点滴」と言われるほどの栄養があります。特に、麹を発酵させて作った甘酒は、アルコール分も含まないので、お子様にもお召し上がりいただけます。ご家族が同じものを召し上がることも大切です。楽しい食卓となり、がん患者さんにとって励みになることでしょう。また、きな粉も食物繊維やタンパク質などの栄養が含まれるので、栄養補給にはオススメです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.