がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピお粥の2種の卵あんかけ

管理栄養士監修レシピ掲載

お粥の2種の卵あんかけ

0

STORY

嚥下にお悩みの方から、「お粥ばかりでは味がなくつまらない」と言われ、考案したレシピです。飲み込みが心配な方だった為、あんかけで仕上げました。また、その方が卵好きな事もあり、2種類の卵が楽しめるよう工夫いたしました。

材料(2人分)

  • お粥200g
  • 卵豆腐1個
  • 白だし大さじ2
  • 片栗粉大さじ1
  • 200cc
  • 1個

作り方

  1. いつも食べているお粥を用意する。(量や固さはお好み。※栄養価は200gで計算)
  2. 鍋に水と卵豆腐と白だしを入れる。
  3. 沸騰したら溶いた卵を入れて弱火にする。
  4. 片栗粉を水大さじ3(分量外)で溶いて、全体に回し入れてかき混ぜる。
  5. とろみがついたらお粥にかける。

管理栄養士からのコメント

卵豆腐は、嚥下にお悩みの方にもそのまま食べて頂ける貴重な食品です。また、卵は完全食を呼ばれるくらい栄養素を豊富に含んでいるので、積極的に使いたい食材です。冬には身体を温める効果のある生姜の汁を追加するのも良いと思います。白だしを中華顆粒に変更して、仕上げにごま油をかけると中華風にアレンジも可能です。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.