LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

鶏冶部煮風

2016.06.10

お悩み

関連キーワード

調理時間

-

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

少しの工夫でむね肉も食べやすい

口内炎の時にでも、たんぱく質を摂りやすいように、鶏肉を片栗粉でつるりとした食感にしてのどごしを良くしました。片栗粉をまぶすことにで、食感がよくなり、鶏むね肉のやわらかさが保てます。鶏むね肉は、最後に入れることでやわらかい食感となり、噛みやすくなります。全ての食材を煮ることにより、食材の固さが調節できます。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 208 kcal

たんぱく質 24.6 g

食塩相当量 3.4 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

鶏むね肉 200g(1枚)
少々
小さじ1
生しいたけ 50g(4枚)
にんじん 50g(1/4本)
小松菜 80g(1/4束)
だし汁 220cc(1カップ強)
片栗粉 適宜
   
~調味料~  
大さじ2
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ1
濃口醤油 大さじ1/2
小さじ1/2

作り方

  • 鶏むね肉は皮をとり、そぎ切りにして、塩と酒をまぶしておく。
  • しいたけはじくをとり、人参は5mmの輪切りにする。
  • 小松菜はさっと、塩ゆでし、5cmの長さに切っておく。
  • 鍋にだし汁を入れ、調味料を煮溶かす。にんじん、しいたけを入れて煮る。
  • にんじんに火が通ったら強火にし、片栗粉をまぶした鶏肉を2、3きれずつ入れる。
  • 焦げないよう注意しながら、5分煮る。
  • 仕上げに、煮汁と小松菜とともに盛る。

管理栄養士からのコメント

鶏むね肉は火をいれすぎると固くなるのでさっと火をとおしましょう。小松菜は軸の部分に十字に隠し包丁を入れると、火が通りやすくなります。調味液は市販のめんつゆを希釈したものでも代用できます。胃の調子が悪い時は、しいたけを里芋に変え、小松菜は葉先のみをやわらかく煮てください。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;