がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピパンプディング

管理栄養士監修レシピ掲載

パンプディング

STORY

パンプディングは手軽な朝食やおやつとして、昔からなじみがあります。できたての温かいものも、冷たく冷やしたものもおいしいです。オーブンで蒸し焼きにするとふんわり・しっとりと仕上がります。

材料(2人分)

  • 食パン(6枚切り)1枚 (60g)
  • 2個 (100g)
  • 牛乳1カップ (200ml)
  • 砂糖大さじ2 (18g)

作り方

  1. 食パンは一口大に切る。ボウルに卵を割りほぐし、牛乳・砂糖を加え混ぜた後にパンを浸し、耐熱皿に入れる。
  2. オーブンを140~150℃に温めておき、お湯を張った天板に①を入れ、30分程蒸し焼きにして完成。

管理栄養士からのコメント

醤油や塩の味付けが染みる場合は、薄味にするとよいです。醤油や塩を使わない、砂糖の味付けを試してみてはいかがでしょう。甘い味でも濃い味付けが刺激になってしまうことがあるので、その場合は砂糖の量も控えてみて下さい。
また、口内炎が痛い場合、味付けの濃さだけでなく熱い料理も刺激となることがあります。パンプディングはできたてのアツアツのものもおいしいですが、冷やしてもおいしいので食べやすい温度でお召し上がりください。卵と牛乳からは良質なタンパク質や口内炎の悩みに役立つビタミンB2を摂ることができます。エネルギーを摂りたい場合は、仕上げにメープルシロップやはちみつ、ジャムなどをトッピングしてもよいでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.