がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピりんごとさつまいものきんとん

管理栄養士監修レシピ掲載

りんごとさつまいものきんとん

Loading マイレシピに登録

エネルギー 194kcal/たんぱく質 1.4g/食塩相当量 0.0g

STORY

甘くておいしいりんごとさつまいもを使ったお手軽スイーツです。特別な材料や道具は必要ないので、どなたでも気軽に作れるかと思います。食べることはもちろん、簡単なおやつ作りを楽しんでみるのものおすすめです。

材料(2人分)

  • さつまいも中1本 (200g)
  • りんご小1/2個 (100g)
  • レーズン8g
  • 砂糖大さじ1 (9g)

作り方

  1. さつまいもは皮を剥いて2~3cmの輪切りにして水にさらし、アクを抜く。りんごは芯を除いて櫛形に切り、厚いちょう切りにする。
  2. りんごとレーズンを水50㏄(分量外)とともに鍋に入れて10分程弱火で煮る。煮詰まって、りんごが柔らかく煮えたら火を止める。
  3. さつまいもを別の鍋に入れ、さつまいもが十分浸るくらいの水(分量外)を入れて火にかけ、10~15分中火で煮る。
  4. さつまいもが柔らかくなったらお湯を捨ててさつまいもを潰し、砂糖と②を加えて混ぜ、4等分に分けてラップで丸めて絞ったら完成。

管理栄養士からのコメント

便秘対策といえば食物繊維です。食物繊維が豊富な食材たちを使った簡単おやつで、このレシピ1人分で食物繊維が3.3g摂れます。りんごの皮はつけたまま使うことで、ピンク色がアクセントになりますし、皮を剥くよりも食物繊維を多く摂ることができます。食感が苦手な方や、硬いものが食べにくいという場合は皮を剥いて使うとよいでしょう。丸める前に水気が多くてべちゃべちゃしている場合は、弱火にかけて練って水分を飛ばすとよいです。
また、レシピでは茶巾絞りにしていますが、形を整えずそのままお皿に盛り付けて、箸やスプーンで食べてもよいでしょう。水分を摂ることも便秘対策には大切なので、お茶などの水分と一緒に、おいしく召し上がっていただければと思います。

LINEで送る
友だち追加

"りんごとさつまいものきんとん"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.