がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピきのこのバター醤油パスタ

管理栄養士監修レシピ掲載

きのこのバター醤油パスタ

エネルギー 362kcal/たんぱく質 12.6g/食塩相当量 1.3g

0

STORY

小学校の給食でもパスタは色々出していましたが、ミートソースやナポリタンといったメニューに負けずに好評だったメニューです。きのこの旨みや食感、バター醤油の味わいがおいしいです。きのこたっぷりでヘルシーな点も魅力です。

材料(2人分)

  • スパゲティ120g
  • お好みのきのこ合計150g
  • 玉ねぎ1/4個 (50g)
  • ウインナー2本 (35g)
  • バター大さじ1 (12g)
  • 小さじ2 (10g)
  • 濃口醤油小さじ2 (12g)
  • 刻みのり少々 (0.5g)

作り方

  1. きのこは石づきを切り落として食べやすい大きさに切る。玉ねぎは薄切りにし、ウインナーは斜めに4等分に切る。(写真はえのき・しめじ各50g、エリンギ・椎茸各25g)
  2. お湯を沸かしてスパゲティを茹で始める。
  3. フライパンを熱してバターを溶かし、玉ねぎを炒める。しんなりしたら、きのこ・ウインナーを加えて3~5分炒め、酒をふってさらに2~3分炒める。
  4. 茹で上がったスパゲティとゆで汁少々を③に加えて具と炒め合わせ、醤油で味をつけてお皿に盛る。刻みのりを散らして完成。

管理栄養士からのコメント

便秘対策に役立つ食物繊維が豊富なきのこを取り入れたパスタです。このレシピ1人分で食物繊維が5g摂れます。きのこは1種類だけよりも何種類か組み合わせたほうが見た目や味わいも楽しめておすすめです。また、便をやわらかくしたい場合は、なめこのような水溶性食物繊維の多いきのこを組み合わせるとよいでしょう。きのこ類はお好みで増量してもいいですね。バターの風味もポイントですが、お好みでオリーブオイルに変えてもOKです。味にアクセントが欲しい場合は赤唐辛子やにんにくを取り入れてもおいしいです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.