がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピバジルミネストローネ

管理栄養士監修レシピ掲載

バジルミネストローネ

エネルギー 184kcal/たんぱく質 6.0g/食塩相当量 1.5g

0

STORY

なかなか使い切れないドライハーブを活用してみようと思いつきました。ハーブの風味は刺激が強くありませんが、ほどよい爽やかさがあり、おいしいと言われます。ミネストローネは野菜もたっぷり食べれるのも嬉しい料理です。

材料(2人分)

  • キャベツ2枚 (100g)
  • じゃがいも小1個 (100g)
  • 玉ねぎ1/4個 (50g)
  • 人参1/4本 (40g)
  • セロリ1/4本 (40g)
  • ウインナー2本 (30g)
  • にんにく1片 (5g)
  • ホールトマト缶1/2缶 (200g)
  • オリーブオイル大さじ1/2 (6g)
  • 固形コンソメ1個 (5g)
  • 2カップ (400ml)
  • ローリエ1枚
  • こしょう・ドライバジル適量
  • 粉チーズ小さじ2 (4g)

作り方

  1. キャベツはざく切りに、じゃがいもは皮を剥いて2cm角に、玉ねぎ・人参・セロリは1cm角に切る。ウインナーは1cm幅に切り、にんにくはみじん切りにする。
  2. 鍋にオリーブオイルをひいて火にかけ、にんにくを弱火で炒める。香りがしてきたらじゃがいも・玉ねぎ・人参を2~3分炒める。
  3. 水・固形コンソメ・キャベツ・セロリを加えて10分程煮たら、ホールトマトを潰し入れ、ウインナー・ローリエを加えて5~6分煮込む。
  4. こしょう・ドライバジルを加えて風味をつけ、お皿に盛り、粉チーズを振りかけて完成。

管理栄養士からのコメント

味付けはコンソメに含まれる塩分で十分かと思いますが、食べやすいように調整して下さい。
ハーブの風味を生かしたミネストローネです。トマトと相性の良いバジルを使いましたが、お好みのものでアレンジを楽しんでもよいでしょう。味がしない悩みがあるときには、塩分を増やすだけでなく、香味野菜などを用いて味にアクセントをつけてみるとよいです。ハーブはスパイスに比べて風味が穏やかに感じられますが、特有の爽やかな香りなどが楽しめるので、試してみてはいかがでしょう。
ミネストローネはお好みの野菜や豆、きのこなどを使ってアレンジしてもおいしいです。そのときあるもので自由に楽しめます。マカロニを入れて、糖質とエネルギーを摂るスープにアレンジするのもよいでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.