LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

かぼちゃプリン

2017.11.02

お悩み

関連キーワード

調理時間

-

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

コクがあってなめらか

行事食などでも用いられることの多いかぼちゃのスイーツ。中でも定番のかぼちゃプリンは色々なレシピがありますが、今回は生クリーム入りでコクがあってなめらかなレシピをご紹介します。軟らかくておいしいかぼちゃのプリンは、食後でもすんなり食べれてしまいます。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 320 kcal

たんぱく質 6.3 g

食塩相当量 0.2 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

かぼちゃ 1/8個 (正味100g)
1個 (50g)
牛乳 1/2カップ (100ml)
生クリーム 大さじ2 (30ml)
砂糖 大さじ2 (18g)
   
~カラメルソース~  
砂糖 大さじ2 (18g)
小さじ2
   
~飾り~  
生クリーム 大さじ2 (30ml)
砂糖 小さじ2/3 (2g)
シナモン 少々

作り方

  • カラメルソースを作る。鍋に砂糖と半量の水を入れて火にかけ、焦げ色がついてきたら火を止めて残りの水を加え、鍋をゆすってプリンを作る型に流し入れる。
  • かぼちゃは種とワタを除いてラップで包み、電子レンジ600Wで5~6分蒸して軟らかくし、皮を剥いて裏ごしする。
  • ②に砂糖を加えて混ぜ、粗熱が取れたら卵・牛乳・生クリームを加えて混ぜ、①の型に濾し入れて、天板にお湯をはって、160℃に温めておいたオーブンで30~40分焼く。
  • 飾りの生クリームをボウルに入れて泡立て、途中で砂糖を2回に分けて加え、ゆるいツノが立つくらいまで泡立てる。
  • ③が焼きあがったら粗熱を取って冷蔵庫で冷やし、切り分けて④のクリームを添え、シナモンをふって完成。

管理栄養士からのコメント

なめらかな仕上がりにするためには、工程②でかぼちゃを裏ごしすることと、工程③で型に流し入れるときに濾し入れることです。ひと手間かかりますが、おいしく食べやすく仕上げるために行ったほうがよいでしょう。舌でつぶせるくらい軟らかい仕上がりなので、写真のように切り分けて盛り付けなくても、ココット型やプリンカップなどで作って、そのまま食べてもよいでしょう。陶器と金属の器では焼き時間に多少差が出るので、器によって様子を見ながら時間を調整してください。金属のほうが早く焼き上がります。しっとり軟らかく仕上げるために、湯煎焼きを行うのもポイントです。そして、卵と牛乳を使ったプリンはタンパク質やカルシウムなどが摂れる栄養価の高いスイーツです。さらにそこにかぼちゃを加えると、糖質・ビタミン・ミネラルなどが摂れるようになり、栄養価がUPします。また、脂質が多い生クリームをプリンに加えたり、盛り付け時に添えたりするのも、エネルギーを摂りたいときにはよいでしょう。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;