がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ豚肉と大葉のちらし寿司

管理栄養士監修レシピ掲載

豚肉と大葉のちらし寿司

STORY

甘酸っぱいちらし寿司は、冷めたままでも美味しく食べられるため、お肉やご飯のにおいが感じにくく、においの気になる方にオススメのメニューです。また、大葉やごま、海苔を加えることで、お肉やご飯のにおいが抑えられて食べやすくなっています。今回は作りやすいように、具をまとめて炒めて、ご飯と混ぜ合わせて作りました。

材料(2人分)

  • ごはん300g
  • 大さじ2
  • 砂糖大さじ1
  • 小さじ1/3
  • 1個
  • 塩・こしょう少々
  • サラダ油小さじ1/2
  • 豚もも肉150g
  • れんこん1/4節 (50g)
  • にんじん1/6本
  • 大さじ1
  • みりん大さじ1
  • しょうゆ大さじ1/2
  • サラダ油小さじ1/2
  • 大葉5枚
  • さやいんげん2本
  • いりごま6g
  • 刻みのり適宜

作り方

  1. 豚もも肉は2cmの長さ、れんこんは薄いいちょう切り、にんじんはせん切り、さやいんげんは薄い斜め切り、大葉はせん切りにする。
  2. 金平を作る。フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、れんこん・にんじんを加えて炒める。
  3. 3分ほど炒めて野菜がしんなりしたら、豚もも肉を加えて肉の色が変わるまで更に炒める。
  4. 酒・みりん・醤油を加えて、水分がなくなり野菜が柔らかくなったら火を止め、冷ましておく。
  5. 錦糸卵を作る。器に卵を割り入れ、塩・こしょうを少々を加えて溶いておく。
  6. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、フライパンが温まったら溶き卵を一気に入れて薄く広げる。
  7. 表面が乾いてきて卵が固まってきたら、卵の端をなぞって剥がし、真ん中に菜箸を差し込んで裏返して両面焼く。
  8. 焼けたらまな板に取り出して細切りにする。
  9. さやいんげんは耐熱容器に入れてラップもしくは蓋をして、電子レンジ600Wで1分半位を目安に柔らかくなるまで加熱する。
  10. 温かいごはんに酢・砂糖・塩を混ぜ合わせたものをかけて酢飯を作り、④の金平・①の大葉・いりごまを混ぜ合わせる。
  11. 器に⑩を盛り付け、上に⑧の錦糸卵・⑨のさやいんげん・刻みのり、お好みで花型にしたにんじん(分量外)を添える。

管理栄養士からのコメント

大葉の香りでお肉やご飯のにおいを和らげるように工夫しましたが、気になる方は省いたり生姜に変えたりするなど、お好みでアレンジしてください。ちらし寿司は市販のちらし寿司の素を使用すると、簡単に調理することが可能です。また錦糸卵は炒り卵にしても、同じように美味しくいただけます。ちらし寿司に混ぜる具は、れんこんの金平として副菜の1品にもなるので、多めに作って作り置きすることもオススメです。ちらし寿司は食欲がないときに食べられるように、小さいおにぎり状に盛り付けておいても食べやすくなります。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.