がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ里芋のもちもち田楽

管理栄養士監修レシピ掲載

里芋のもちもち田楽

エネルギー 185kcal/たんぱく質 2.8g/食塩相当量 0.6g

STORY

高齢者施設で働いている時に、里芋の味噌煮が人気だったので、そこからヒントを得てできたレシピです。食感がもちもちして、甘めのタレが好評でした。タレをみたらしにして、おやつにも出してほしいと言われた料理です。

材料(2人分)

  • 里芋300g
  • 片栗粉大さじ1
  • ごま油大さじ1
  • 赤味噌大さじ1/2
  • みりん大さじ1/2
  • 砂糖大さじ1/2

作り方

  1. 里芋はよく洗った後に沸騰したお湯で10分茹で、水にさらしながら皮を剥いて一口大に切る。
  2. 鍋に水を入れて皮を剥いた里芋を入れ、沸騰した後5分ほど茹でる。
  3. 串を刺してスっと通ったら、ザルに上げてボウルに移し、熱いうちに潰す。
  4. ③が冷めたら片栗粉を入れて手でこねる。片栗粉が全体に混ざったら、好みの大きさに丸める。
  5. フライパンを火にかけて、温まったらごま油を入れて④を焼く。
  6. 3分程焼いて、焼き目がついたら裏返す。
  7. 赤味噌とみりん・砂糖を混ぜ合わせてタレを作り、⑥に塗る。
  8. 更に蓋をして1分ほど蒸し焼きしたら火を止めて完成。

管理栄養士からのコメント

里芋は消化の良い食材で、胃への負担が少なく下痢の時におススメの食材です。片栗粉を入れることで、里芋だけでは出せないもちもちとした食感が出ます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.