がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピタラモサラダ

管理栄養士監修レシピ掲載

タラモサラダ

0

STORY

高齢者施設の朝食でよく提供する一品です。タラモサラダはギリシャ料理ですが、たらことじゃがいもの組み合わせや、たらこの風味を活かしたシンプルな味付けは、和食好きのお年寄りにも好評です。牛乳の量を調節すれば、常食からペースト食まで対応できます。

材料(2人分)

  • じゃがいも1個 (150g)
  • たらこ25g
  • 食塩少々
  • オリーブ油大さじ1/2
  • 牛乳大さじ1
  • パセリ適宜

作り方

  1. じゃがいもは皮をむき、芽を取り除いたら4等分に切る。
  2. たらこは皮を取り除き、中身を出しておく。
  3. 鍋に①を入れ、①のじゃがいもがかぶるくらいの水(分量外)を入れて10〜15分茹でる。
  4. じゃがいもへ竹串がスッと入るくらいまで柔らかくなったら、鍋の湯を捨てる。
  5. じゃがいもが熱いうちにヘラなどで荒く潰し、たらこを加え混ぜ合わせる。
  6. ⑤に食塩・オリーブ油・牛乳を加え、なめらかになるまでしっかりと潰し混ぜ合わせる。
  7. 皿に盛り付け、パセリをそえる。

管理栄養士からのコメント

飲み込むのが辛い方や噛むのが辛い方にも食べやすいよう、じゃがいもをなめらなペースト状にして、柔らかめに仕上げています。お好みで、オリーブ油はマヨネーズでも代用できます。さらにコクを出したい・カロリーを上げたい場合は、牛乳を生クリームにすると良いでしょう。じゃがいもは糖質を多く含み、カロリー補給には最適な野菜です。栄養面では加熱に強いビタミンCが豐富に含まれています。ビタミンCは免疫力を高めたり、皮膚の健康を保つために必要なビタミンです。たらこにはビタミンB1、B12、D・E、ナイアシン、セレンなどを豐富に含みます。たらこがたっぷりと入ったタラモサラダは、糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルを一緒に摂ることができ、栄養バランスの優れた副菜です。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.