がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピひんやり甘酒と桃のスープ

管理栄養士監修レシピ掲載

ひんやり甘酒と桃のスープ

エネルギー 204kcal/たんぱく質 1.7g/食塩相当量 0.1g

STORY

「飲む点滴」と呼ばれる甘酒を、冬だけでなく夏にも楽しめるように考えたメニューです。甘酒と言えばまったりとした濃厚なイメージですが、桃や白ワイン、レモン果汁等を加える事で、爽やかな風味を楽しめるスープになりました。ホームパーティーの食前酒や途中で出すお口直し、またパンのお供にもよく合うスープです。

材料(2人分)

  • 甘酒100g
  • 白桃(缶詰)270g (目安3個分)
  • 白ワイン100cc
  • 白桃缶のシロップ20cc
  • レモン果汁大さじ2

作り方

  1. 白ワインを鍋で沸騰させてアルコールを飛ばし、火を止めて余熱を取る。
  2. 余熱をとっている間に、白桃(缶詰)を一口サイズに切る。
  3. ミキサーまたはフードプロセッサーに、①と②を入れ混ぜ合わせる。
  4. 白桃が潰れたら③に、甘酒・白桃缶シロップ・レモン果汁を加え、更に混ぜ合わせる。
  5. ④の1/6くらいの量をタッパーに入れ、冷凍庫で凍らせる。残りは冷蔵庫で冷やす。
  6. 冷凍庫に入れたスープがシャーベット状になったのを確認します。(目安は2時間)
  7. 冷蔵庫で冷やしたスープを器に盛り、シャーベットをスプーンで崩しながらトッピングして完成。

管理栄養士からのコメント

シャーベットをスープに入れることでスッキリとした味わいになり、お好みでミントの葉をトッピングすると爽やかな風味を楽しむこともできます。ひんやり冷たいスープは水分補給もでき、夏の暑い時期にピッタリです。スープの甘さは、缶詰シロップの量で変えることができるので、好みに合わせて調整してみてください。友人に甘酒と言わずに出したところ、今までとは違う甘酒の使い方にビックリされました。今回は白桃缶を使いましたが、梨もよく合います。旬の物やお好きな果物を使ってアレンジしてみください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.