がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピサーモンのテリーヌ

管理栄養士監修レシピ掲載

サーモンのテリーヌ

STORY

高齢者施設の行事食でよく提供するメニューです。ご家庭でも電子レンジで簡単に作れるレシピにアレンジしました。常食から嚥下食まで同じものを食べられ、ソースや盛り付け方で食卓に華やかさを演出できます。

材料(2人分)

  • 生鮭(トラウトサーモン刺身用)200g
  • 卵白1個分
  • 顆粒コンソメ小さじ1/2
  • 生クリーム100ml
  • コショウ少々
  • 〜ソース〜
  • マヨネーズ大さじ2
  • 牛乳大さじ1
  • 塩コショウ少々
  • 〜飾り〜
  • ディル適宜

作り方

  1. 生鮭はキッチンペーパーで水分を軽く拭き取り、身をほぐし骨を取る。
  2. フードプロセッサーに生鮭・卵白を入れ、なめらかになるまでよく撹拌する。
  3. 次にコンソメ・生クリーム・コショウを加え、ふんわりとした状態になるまで撹拌する。
  4. 耐熱容器にオリーブオイル(分量外)を塗り、③を型に入れたら、2cmほど上から型を落として空気を抜き、ヘラで表面を平らにならす。
  5. ふんわりとラップをかけ、600Wのレンジで5分ほど加熱する。
  6. 真ん中に竹串などを刺して確認する。(生地が付かなければ中まで加熱できている。)
  7. レンジから取り出し、膨らんだ生地にラップを敷き、上からバットなど平らなもので重しをのせる。
  8. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、食べやすい大きさに切り分ける。
  9. ソースの材料を全て混ぜ合わせる。
  10. 皿に盛り付けたら、上から⑨のソースをかけ、ディルなどで飾り付けする。

管理栄養士からのコメント

鮭には身体のエネルギー代謝に必要なビタミンB群や、n-3系多価不飽和脂肪酸(DHA・EPA)、強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンなどが豐富に含まれている健康食材。ふんわりとしたムース状のテリーヌは喉越しがよく、ムースやゼリーのように食べられます。切り分けたものを小分けにラップでくるみ、冷凍保存もできるので作り置きにも便利です。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.