鶏肉のミルク雑炊

2017.04.26

マイルドな味わい

シチューをごはんと一緒にいただくように、牛乳を取り入れた洋風の雑炊を作ってみました。定番の雑炊とは違ったマイルドな味わいが美味しくお気に入りです。牛乳を飲むのは苦手という方も、加熱して料理に混ぜてしまうと食べられると言われることがあります。和風、洋風、どちらの献立にも組み合わせやすい雑炊です。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 314 kcal

たんぱく質 17.1 g

食塩相当量 1 g

材料(2人分)

ごはん
茶碗軽く2杯 (200g)
鶏肉(ささみや胸肉など)
80g
かぶ
2個 (120g)
人参
1/3本 (40g)
かぶの葉
20g
だし(洋風又は鶏がら)
1カップ (200ml)
牛乳
1カップ (200ml)
小さじ1/4 (1.5g)

作り方

  • 鶏肉とかぶは2~3cm角に切る。人参は5mm角に切り、かぶの葉は2分程茹でて細かく刻む。
  • 鍋にだしを入れて火にかけ、鶏肉とかぶ・人参を加えて煮る。
  • 具が煮えてきたら、ごはん・牛乳を加え、好みのやわらかさになるまで煮る。
  • 塩で味を調えて、仕上げにかぶの葉を加えて完成。

管理栄養士からのコメント

やわらかい鶏肉やかぶ、人参を使っている雑炊なので、噛むことが辛い方にも食べやすいと思います。体調に合わせて食べやすいように具を小さく切ったり、やわらかく煮込んだり調整してみてください。かぶ菜が食べにくい場合は除いてもいいですし、ほうれん草の葉のやわらかい部分を使ったり、ブロッコリーなど他のやわらかい野菜を取り入れてみてください。優しい口当たりの雑炊なので、口内炎が痛くて噛むことが辛い方にもよいでしょう。熱さが刺激となってしまうことがあるので、少し冷ましてから食べてみてください。鶏肉はひき肉や、鶏団子などにアレンジしてもよいでしょう。鶏の皮の部分は脂質が多いので今回は使用せず、消化の負担にもならないレシピになっています。消化のよいお粥や雑炊は、吐き気や胸やけなどの悩みがある方にもおすすめです。また、食欲不振や味がわかりにくい悩みがある方には、こしょうなどのスパイスを少し加えてみてもよいでしょう。粉チーズやとろけるチーズを加えたアレンジは、うま味とコクが加わっておいしいです。チーズを入れると口内炎の予防・改善に役立つビタミンB2も摂れます。悩みや嗜好に合わせてアレンジしてみてください。タンパク質も摂れるので主食と主菜を兼ねた1品として扱ってもよいでしょう。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;