たらとじゃがいもの豆乳チャウダー

2019.11.16

お悩み

関連キーワード

調理時間

20

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

おなかに優しいスープはいかが?

下痢でお悩みのときに、胃腸に負担をかけずに水分と栄養がとれる温かいスープです。カナダやアメリカなどの定番料理である「タラ」を使ったチャウダーを参考に考案しました。白身魚のタラは、脂肪分が少なく加熱しても固くならないので、下痢などで胃腸が弱っているときにも安心して食べられます。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 308 kcal

たんぱく質 25.6 g

食塩相当量 2.3 g

材料(2人分)

生タラ切り身
2切れ(200g)
薄力粉
適量(10g)
オリーブ油
大さじ1/2(6g)
じゃがいも
2個(300g)
玉ねぎ
1/2個(120g)
固形コンソメ
1個(5g)
2カップ(400ml)
無調整豆乳
1カップ(200ml)
小さじ2/3(4g)
こしょう
少々(0.5g)
パセリのみじん切り
適量(2g)

作り方

  • じゃがいもは皮をむき、半量は1cmの厚さのいちょう切りにし、残り半量はすりおろす。玉ねぎは薄切りにして、タラは皮と骨を取ってひと口大に切り、薄力粉をまぶす。
  • フライパンにオリーブ油を中火で熱し、タラの両面を焼いて取り出しておく。
  • 鍋に水、玉ねぎ、いちょう切りにしたじゃがいも、固形コンソメを入れて強火にかけ、煮立ったら弱火にして7分ほど煮る。
  • じゃがいもがやわらかくなったら、豆乳、じゃがいものすりおろし、タラを加え、かき混ぜながら5分ほど煮る。
  • とろみがついたら、塩こしょうで味を整えて、器に盛りパセリをふる。

管理栄養士からのコメント

下痢のときは、温かく消化の良いものを少量ずつ食べると良いです。一般的なチャウダーは牛乳を使いますが、乳製品は下痢を誘発することがあるので、豆乳を使っています。下痢で失いやすいカリウムやナトリウムなどのミネラル類も補えるレシピです。チャウダーのとろみは、じゃがいものすりおろしでつけました。バターと薄力粉を使うよりも簡単に濃厚なとろみをつけることができるので、飲み込むのがつらい方にも食べやすいでしょう。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;