がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピモロヘイヤとろろ

管理栄養士監修レシピ掲載

モロヘイヤとろろ

0

栄養バランス

エネルギー26kcalたんぱく質2.3kcal
食塩相当量0.5g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

モロヘイヤのネバリを生かしたとろろです。ごはんや豆腐などにかけても楽しむことができます。

材料(2人分)

  • モロヘイヤ(葉)40g
  • 醤油小さじ1(6g)
  • だし小さじ2(10ml)
  • うずらの卵2個(18g)

作り方

  1. モロヘイヤは葉のみを摘み、熱湯で1分程茹でて冷水にとって冷まし、包丁で細かく叩く。
  2. ①に醤油、だしを混ぜて器に盛り、うずらの卵を割り入れる。

管理栄養士からのコメント

包丁で細かく叩くだけでできますが、さらに食べやすいようにミキサーで滑らかにしてもよいです。モロヘイヤにはβカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは脂溶性ビタミンなので、効率よく摂取したいときには油を組み合わせるとよいです。ごま油やオリーブオイルで風味付けするアレンジもいかがでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.