がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピシーチキン入り卵焼き

管理栄養士監修レシピ掲載

シーチキン入り卵焼き

2

栄養バランス

エネルギー115kcalたんぱく質9.7g
食塩相当量0.5g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

私自身が口内炎が酷くて食事をあまり摂れなかったときに、よく食べていた料理が卵焼きです。やわらかく冷めても美味しく、タンパク質やビタミン、ミネラルも摂れるのでおすすめです。

材料(2人分)

  • 2個
  • ツナ(ノンオイル)1/2缶
  • 青ネギ小さじ1(約5g)
  • サラダ油適量
  • 【A】
  • 砂糖小さじ1/2
  • 薄口しょうゆ小さじ1/2
  • 大さじ2

作り方

  1. 青ネギは小口切りにし、卵はよく溶きほぐしておく。
  2. ボウルに①、ツナ、【A】を加え、よく混ぜ合わせる。
  3. 玉子焼き器にサラダ油を薄く塗り、②の1/3量を流し入れる。
  4. 火が通ったらまるめて片側に寄せ、②がなくなるまで③の工程を繰り返す。
  5. 熱いうちに形を整え、冷めたら食べやす大きさに切る。

管理栄養士からのコメント

やわらかく冷めても美味しい卵焼きは、口内炎などの痛みが辛い方にも食べやすい料理です。ツナを加えた卵焼きは栄養価が高く、食事量が減っている方にもおすすめです。砂糖を加えると砂糖の保水性によってやわらかく仕上がりますが、焦げやすくなるため火加減に注意して焼いてください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.