がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ白身魚と卵のおじや

管理栄養士監修レシピ掲載

白身魚と卵のおじや

調理時間 : 10分

エネルギー 373kcal/たんぱく質 19.1g/食塩相当量 2.0g

STORY

お腹の調子が悪いときには定番の卵のおじやに白身魚を加えました。白身魚は高たんぱくですが脂肪が少ないので下痢をしているときにオススメの食材です。おじやにすることで下痢のときに失われてしまう水分もとることができます。

材料(2人分)

  • ご飯2杯(300g)
  • 白身魚(タラ皮無し)1切(80g)
  • 料理酒大さじ1(15g)
  • 少々
  • 3/4カップ(150ml)
  • 白だし大さじ2(30g)
  • 2個
  • 万能ねぎ適量

作り方

  1. 耐熱容器に白身魚を入れ料理酒、塩を振ってラップをかけ電子レンジ(600w)で3分加熱する。
  2. 鍋に水、白だしを入れ火にかけ沸騰したら①をほぐしながら加える。
  3. ②にご飯を入れとろみが出るまで弱火で煮る。
  4. 強火にして、溶き卵を回し入れ卵に火が通ったら器に盛り小口切りにした万能ねぎを散らす。

管理栄養士からのコメント

白身魚を電子レンジで加熱することで臭みが気にならなくなります。さらっとした口当たりが好きな方はご飯を水でさっと洗ってぬめりをとると良いでしょう。おじやは柔らかく食べやすい料理ですが、よく噛んで食べるよう意識しましょう。時間をかけてしっかり咀嚼することで消化も良くなります。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.