ぶりのみぞれ煮

2019.07.21

お悩み

関連キーワード

調理時間

25

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

栄養満点のぶりをあっさりと

胃腸の調子がすぐれない時でも食べられるレシピとして考案しました。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 207 kcal

たんぱく質 18.4 g

食塩相当量 2.3 g

材料(2人分)

ぶりの切り身
2切れ(160g)
大根
1/4本(150g)
生姜
1/8個
万能ねぎ
少々
小さじ1
 
 
【A】
 
醤油
大さじ2
大さじ1
みりん
大さじ1
150ml

作り方

  • 生姜をすり下ろし、万能ねぎは小口切りにし、 大根をおろす。
  • 【A】を全て混ぜておく。
  • 油をひき強火で熱したフライパンでぶりの両面を焼く。
  • 弱火にして②を入れて沸騰させる。
  • そこへぶりを入れて煮込む。浮いてきたあくと脂をお玉で取り除く。
  • ⑤に大根おろし、生姜のすりおろしを加え、落とし蓋をして10分煮る。
  • 器に盛りつけ、お好みで万能ねぎを散らす。

管理栄養士からのコメント

こってりしたぶりも、みぞれ煮にすることであっさりと召し上がっていただけます。ぶりは栄養面で優れた魚の一つであり、良質なタンパク源である事はもちろん、身体に必要な栄養素が沢山含まれています。胃腸の調子が悪い時には濃い味付けは避け、あっさり薄味がおすすめです。大根に含まれるジアスターゼには、胃腸の働きを助けて消化不良を解消したり胃もたれや胸やけを防いだりする効果があるといわれています。ジアスターゼは熱にとても弱いので、個人の状態に応じて手順⑥の大根おろしをできあがる直前に加えてさっと煮る程度にして、加熱し過ぎないようにしてもよいでしょう。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;