サービス終了に関するお知らせ

詳しくはこちら

ミニ簡単お豆腐丼

2018.04.17

お悩み

関連キーワード

調理時間

15

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

ツルツルっと食べやすい

時間がないときに、とても簡単に作れる一品です。喉越しの良い絹ごし豆腐を使い、片栗粉でとろみをつけることで飲み込むのが辛いときにもツルツルっと食べられます。乳がんを患ったことのある母が、食欲がないときはツルツルと食べられるものは美味しく感じたと話していたのを参考に作りました。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 405 kcal

たんぱく質 17.1 g

食塩相当量 3.2 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

ご飯 240g
絹ごし豆腐 200g
溶き卵 2個分(100g)
マッシュルーム 2個(30g)
ねぎ 20g
だし汁 500cc
小さじ2(10g)
醤油 大さじ2(36g)
みりん 小さじ2(12g)
片栗粉 大さじ2(18g)

作り方

  • 絹ごし豆腐は食べやすい大きさに切るかつぶす。マッシュルームは食べやすいように細かく刻む。
  • 卵はよく溶いておく。
  • 鍋にだし汁、酒、醤油、みりん、塩を入れて沸騰させる。
  • 沸騰したらマッシュルームと豆腐を入れ、再び沸騰したら水溶き片栗粉を入れてさっととろみをつける。
  • 溶き卵を回しかけてさっと火を通す。
  • 温かいご飯の上に盛り、微塵切りのネギを散らして出来上がり。

管理栄養士からのコメント

この一品で炭水化物、タンパク質がしっかり取れ、飲み込むのが辛いときにツルツルっと食べられます。だし汁を作るときに、昆布を小さく切ってだしを作り、昆布を入れたまま豆腐と一緒にやわらかく煮ると、昆布に豊富に含まれるカルシウムや鉄、カリウムやヨウ素も一緒に摂れておすすめです。また、ねぎはお好みで豆腐と一緒に火を通してしんなりさせても良いですし、熱々の状態で豆腐と絡めて食べても良いです。ご飯も、おかゆや軟飯でも合いますので、お好みや症状に合わせてお試しください。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;