がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピほうれん草と豆腐のとろみ煮

管理栄養士監修レシピ掲載

ほうれん草と豆腐のとろみ煮

1

栄養バランス

エネルギー78kcalたんぱく質6.3kcal
食塩相当量1.2g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

普段の食事でもおなじみの、ほうれん草と豆腐を使ったやさしい味わいのレシピです。汁物の代わりとしてもおすすめです。だしを変えることで和風、洋風、中華風と楽しむことができます。

材料(2人分)

  • ほうれん草(茹で)2茎(50g)
  • 絹豆腐1/2丁(200g)
  • 1カップ(200ml)
  • 顆粒だし小さじ2(5g)
  • 片栗粉小さじ1(3g)

作り方

  1. ほうれん草は根元を切り落として2~3cmに切る。絹豆腐は削ぎ切りにする。
  2. 鍋に水と顆粒だしを入れて火にかけ、煮立ったら①を加えて3分程煮て温める。
  3. 片栗粉を小さじ2程度の水で溶いて②に加え混ぜ、とろみをつける。

管理栄養士からのコメント

胸焼けがするときは、薄味でやわらかく消化のよいものがおすすめです。水分の多い料理なので、口が渇く悩みがある方にもよいでしょう。卵でとじるアレンジもおいしいです。顆粒だしは和風、洋風、中華風などお好みのもので作れますが、商品によって塩分が多少異なるので、味をみながら量を調整してください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.