LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

納豆とろろ蕎麦

2019.06.19

お悩み

関連キーワード

調理時間

15

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

とろみを生かして食べやすく

高齢者施設では麺類の時に、個々の噛む力や飲み込む機能によって、麺の固さや長さ、具の食形態や汁のとろみなどを変えて提供していました。長芋や納豆を具にした蕎麦は食材そのものにとろみがついているので、飲み込みが辛い方には喉ごし良く、食べやすいメニューです。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 462 kcal

たんぱく質 22.9 g

食塩相当量 2.8 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

蕎麦(茹で) 420g(乾燥重量160g)
長芋 100g
ひきわり納豆 2パック(80g)
鶏卵 40g
麺つゆ(ストレート) 160ml

作り方

  • 乾麺は鍋にたっぷりの湯を沸かし茹でる。
  • ①が食べやすい固さに茹であがったらザルに移し、流水で洗い水気を切る。
  • 長芋は皮を剥き、すりおろす。
  • ひきわり納豆は付属のたれを加え、粘りが出るまでかき混ぜる。
  • 卵は白身と黄身を分けておく。
  • ②はキッチンバサミで食べやすい長さに切って皿に盛る。
  • ⑥の上に③、④、⑤の卵黄をのせ、麺つゆをかける。

管理栄養士からのコメント

飲み込みにくい方や手や腕が不自由な方が、麺をフォークやスプーンですくって食べる場合には、3~4㎝ほどの長さに切ると食べやすくなります。噛むのが辛い方は、麺の固さをスプーンや指、舌で潰せる位にすると食べやすくなります。海苔は口の中や喉に張り付きやすいので、噛むのが辛い方、飲み込むのが辛い方には注意が必要な食品です。海苔を使いたい方は、代わりに青のりで代用すると良いでしょう。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;