がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピツナサンド・たまごサンド

管理栄養士監修レシピ掲載

ツナサンド・たまごサンド

1

栄養バランス

エネルギー206kcalたんぱく質6.6g
食塩相当量1.3g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

味覚障害の方に食べられそうなものを聞いたところ、サンドイッチのリクエストがあり考案したシンプルな味付けのレシピです。たんぱく質やビタミンミネラルなどの栄養素がしっかり摂れるツナや卵のサンドイッチは、ご飯のにおいが気になる方や食欲がない方にもおすすめです。

材料(2人分)

  • 【ツナサンド】
  • サンドイッチ用パン2枚(36g)
  • ツナ水煮缶1/4缶(20g)
  • 玉ねぎ1/16個(15g)
  • マヨネーズ大さじ1/2
  • 小さじ1/4
  • こしょう少々
  • 【たまごサンド】
  • サンドイッチ用パン2枚(36g)
  • 1/2個
  • マヨネーズ大さじ1/2
  • 牛乳小さじ1/2
  • 塩コショウ少々

作り方

  1. 玉ねぎは皮を剥きみじん切りにし水にさらす。ツナ缶は水気を切っておく。
  2. ボウルにキッチンペーパーでよく水気を取った①の玉ねぎと、ツナ、マヨネーズ、塩、こしょうを混ぜ合わせる。
  3. 卵は固ゆでにし、みじん切りにする。
  4. ボウルに③とマヨネーズ、牛乳、塩コショウを混ぜ合わせる。
  5. サンドイッチ用パンにバターを薄く塗り、②のツナペーストと④の卵ペーストをそれぞれ挟む。
  6. ラップで包み、冷蔵庫で冷やす。
  7. 包丁で食べやすい大きさに切り皿に盛り付ける。

管理栄養士からのコメント

具を多めに入れた場合などサンドイッチが切りにくい場合は、ラップごと包丁で切ると具がはみ出さずにきれいに切れます。玉ねぎの辛みや苦み成分は、熱湯をかけた後に冷水にさらしたり、酢水に漬けると抜けやすいですが、気になる方は玉ねぎを加えずに作ってください。唾液の分泌が減少しているときは、汁物を一緒に摂るとよいでしょう。苦みを感じるときは、汁物と一緒に摂ることで食べ物が汁と共に舌の上を通過しやすくなるので、不快な味を感じにくくなる効果が期待できます。一般的には、牛乳や豆乳などのまろやかなものや、薄味で出汁がきいたスープ類がおすすめです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© hibitasu All Rights Reserved.