LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

昆布とネギのあんかけ豆腐

2019.03.26

お悩み

関連キーワード

調理時間

15

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

喉ごしも良く、食欲がない時にも

昆布の優しいだしの味をベースに、お腹に刺激の少ない味付けに仕上げました。絹ごし豆腐にとろみあんをかけることにより、食欲が無い時でものどごしよく食べられるように工夫しました。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 116 kcal

たんぱく質 10.0 g

食塩相当量 1.7 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

絹ごし豆腐 1/2丁(150g)
刻み昆布 3g
ねぎ 1/2本
A みりん 大さじ1
A 醤油 小さじ1/2
A 和風顆粒だし 小さじ1/2
A 小さじ1/3
A 260ml
B 片栗粉 小さじ2
B 小さじ2

作り方

  • ねぎをみじん切りにし、絹ごし豆腐をお好みの大きさに切る。
  • 鍋に【A】と刻み昆布、ねぎを加える。
  • ②を火にかけ豆腐を加え、中火で約3分ほど煮る。
  • 【B】を混ぜた水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。

管理栄養士からのコメント

下痢の時は、低脂肪で刺激の少ない味付けと、極端に熱いものや冷たいものを避けることがポイントです。昆布でだしをとることでミネラルを補給することができますし、豆腐は消化が良く、高タンパク質、低脂質、高ミネラルな食品ですので、下痢の時の栄養補給におすすめのメニューです。下痢がひどい時は、小まめに水分を取りゆっくり身体を休めましょう。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;