がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ冷たいレモンラーメン

管理栄養士監修レシピ掲載

冷たいレモンラーメン

STORY

吐き気がある時は、あたたかい料理のにおいを不快に感じたり、こってりした料理が食べにくくなったりすることがあります。そこでこってりイメージのインスタントラーメンを、レモンのさわやかな香りと酸味を活かした、あっさり冷製ラーメンにアレンジしてみました。当院で“吐き気があって食べにくい時の食事の工夫”をテーマに開催した料理教室で紹介したレシピです。料理教室に参加された方からは、食べやすい!のお声をいただきました。
また、このレシピは酸味を効かせていますので、味覚変化があって食べにくい時にもチャレンジしてみてほしいです。

材料(2人分)

  • インスタントラーメン(塩味)1袋
  • レモンスライス3枚(お好みで)
  • レモン果汁大さじ1(お好みで)
  • 野菜炒め用カット野菜1/2袋
  • チキンフレーク缶20g
  • 熱湯大さじ2
  • 冷水70cc

作り方

  1. 盛り付ける器にインスタントラーメンに添付されているスープと、大さじ2の熱湯を入れ、よく混ぜる。そこに分量の冷水を入れ、冷蔵庫で冷やす。
  2. レモンはスライスと、絞り果汁を用意しておく。
  3. カット野菜はラップに包み、電子レンジ600Wで2分加熱する。加熱後は冷ましておく。
  4. インスタントラーメンを茹で、ザルに上げて冷水で洗う。
  5. 水気をよく切った麺を①に入れスープと絡め、野菜、チキンフレーク、レモンを飾る。
  6. お好みでレモン汁を加える。

管理栄養士からのコメント

食べ慣れたインスタントラーメンの臭いやこってりが気になる場合は、レモンの香りを酸味を活かし、あっさり冷たくして食べると食べやすいです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.