がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ里芋の煮ころがし

管理栄養士監修レシピ掲載

里芋の煮ころがし

1

栄養バランス

エネルギー117kcalたんぱく質2.9g
食塩相当量2.1g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

味のしみた里芋の煮ころがしは冷めてもおいしい料理です。時間がないときや皮を剥くのが手間であれば、冷凍の里芋を使ってもよいでしょう。定番料理なので、普段の献立に大活躍してくれます。間食にもおすすめです。

材料(2人分)

  • 里芋6個(正味200g)
  • だし1カップ(200ml)
  • 醤油大さじ1.5(27g)
  • みりん大さじ1(18g)
  • 大さじ1(15g)
  • 砂糖大さじ1(9g)

作り方

  1. 里芋は皮を剥いて分量外の塩大さじ1/2程度をふって揉み、水で洗う。
  2. 鍋にだし・醤油・みりん・酒・砂糖、①の里芋を入れて火にかけ、中火で15分くらい、柔らかくなるまで煮る。

管理栄養士からのコメント

料理の臭いが気になるときは温かい料理よりも冷たい料理のほうが食べやすいようです。冷めてもおいしい里芋の煮ころがしもお試ししてみてはいかがでしょう。ゆずの香りが不快でなければ、お好みで少し添えてもよいと思います。また、里芋は消化がよいので、食欲がないときの間食などにもいかがでしょう。このレシピの味付けはやや濃いめなので、薄味のほうが食べやすい場合は調味料を調整して、食べやすいように工夫してください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© hibitasu All Rights Reserved.