がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピささみとキャベツのにゅうめん

管理栄養士監修レシピ掲載

ささみとキャベツのにゅうめん

1

栄養バランス

エネルギー312kcalたんぱく質19.4kcal
食塩相当量3.2g亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

ささみのだしの優しい味のにゅうめんです。食欲のないときや、飲み込むのが辛い時に、柔らかく煮たそうめんは食べやすいようです。ぱさつきがちなささみも余熱で火を通すことでふんわりと仕上がり、食べやすくなります。

材料(2人分)

  • 鶏ささみ2本(100g)
  • キャベツ200g
  • そうめん150g
  • 3カップ(600ml)
  • 小さじ2/3(4g)
  • しょうゆ小さじ2(12g)
  • 片栗粉大さじ1
  • 万能ねぎ適量
  • ごま油小さじ2(8g)

作り方

  1. キャベツは太めの千切り、万能ねぎは小口切りにする。そうめんは茹でておく。
  2. 鍋に水を入れ火にかけ沸騰したら塩と鶏ささみを入れ、再び沸騰したら蓋をして火を止める。
  3. 10分ほど置きささみに火が通ったら取り出し、ほぐしておく。
  4. ささみのゆで汁に①のキャベツを入れ、煮る。
  5. キャベツが柔らかくなったら醤油と③のささみを加え、煮立ったら同量の水で溶いた片栗粉を加えとろみをつける。
  6. そうめんを加え、さっと煮たら器に盛る。
  7. 万能ねぎをちらし、ごま油を回しかけ完成。

管理栄養士からのコメント

ささみを茹でる時にねぎの青いところや生姜のスライスを加えると臭み消しになります。飲み込みやすくなるよう片栗粉で軽くとろみをつけていますが、嚥下の状態に合わせて調整してください。ささみはたんぱく質が豊富ですが脂質が少なく、下痢やお腹の調子が悪い時にも適した食材です。手順3の茹でささみはサラダなどにも使用できるので、多めに作っておいても良いでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.