がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ豆腐とはんぺんのしんじょ

管理栄養士監修レシピ掲載

豆腐とはんぺんのしんじょ

調理時間 : 15分

エネルギー 137kcal/たんぱく質 9.8g/食塩相当量 1.7g

STORY

口内炎が痛いときでも食べやすい、ふんわりとした口当たりです。冷めてもおいしいので、熱いものがしみる方でも食べやすいでしょう。見た目にもかわいらしく、お祝いやおもてなしなど特別な時の一品にもおすすめです。

材料(2人分)

  • 木綿豆腐150g
  • はんぺん小1枚(55g)
  • かに風味かまぼこ4本(28g)
  • 片栗粉小さじ2(6g)
  • 【あん】
  • だし汁1/2カップ
  • しょうゆ小さじ2(12g)
  • みりん小さじ2(12g)
  • 砂糖小さじ1(3g)
  • 片栗粉大さじ1(9g)
  • 万能ねぎ適量

作り方

  1. 豆腐はペーパータオルにくるみ、電子レンジ(600w)で2分加熱し水切りする。
  2. ①とちぎったはんぺん、片栗粉をフードプロセッサーにかけ、なめらかになったら縦半分に切りほぐしたかにかまを混ぜる。
  3. 耐熱の茶碗などにラップをしいて、2等分した②をのせ、ラップを巾着絞りのようにねじる。
  4. ③を電子レンジ(600w)2分30秒加熱する。(1個ずつ)
  5. だし汁、しょうゆ、みりん、砂糖を鍋に入れ火にかけ煮立ったら同量の水で溶いた片栗粉でとろみをつける。
  6. ④をお碗に入れ、⑤のあんをかける。小口切りにした万能ねぎを散らす。

管理栄養士からのコメント

豆腐はたんぱく質が豊富で口内炎の改善に役立つビタミンB群も多く含みます。たっぷりのあんをかけることで、口内炎の痛みがあるときでも食べやすく、のどごしもよくおすすめです。細かく切った野菜を入れると、さらに彩りが良くなりますので、体調にあわせてお試しください。小さく成型すれば、汁物や鍋の具としても、おいしくお召し上がりいただけます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.