がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピしらすと青じその梅茶漬け

管理栄養士監修レシピ掲載

しらすと青じその梅茶漬け

調理時間 : 10分

エネルギー 346kcal/たんぱく質 11.7g/食塩相当量 4.3g

STORY

あっさりとした味付けで梅の酸味と青じその風味が食欲をそそり、胸やけや吐き気がするときでも食べやすいレシピです。お茶漬けはさらさらとして食べやすいですが、消化を良くするためにゆっくりと良く噛んで召し上がってください。

材料(2人分)

  • ご飯茶碗2杯(360g)
  • しらす60g
  • 梅干し2個
  • 青じそ3枚
  • 白だし大さじ2
  • 1カップ

作り方

  1. 青じそは茎を切って、葉の部分だけ千切りにする。
  2. 鍋に水と白だしを入れて火にかけ、沸騰させる。
  3. 器にご飯を盛り、しらす、青じそ、梅干しをのせ、②を注ぐ。

管理栄養士からのコメント

口内や喉に炎症がある場合は、梅干しは刺激となるため入れずにお召し上がりください。薬味としてわさびや生姜、ごま、のりなどをかけて召し上がっても美味しくいただけます。また、だしは冷やしてかけても美味しいので、夏の暑い時期やにおいが気になる方は冷やし茶漬けでお召し上がりください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.