LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

とうもろこしのムース

2018.08.03

お悩み

関連キーワード

調理時間

15

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

和風の献立にもよく合う

コーンの缶詰でも作れますが、旬の時期には生のとうもろこしで作ると季節が感じられます。お酒のおつまみにも喜ばれるレシピです。洋風の料理ですが、和風の献立にもよく合います。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 182 kcal

たんぱく質 3.4 g

食塩相当量 0.5 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

とうもろこし(茹で) 1/3本程度(正味50g)
牛乳 大さじ5(75g)
生クリーム 大さじ2(30g)
粉ゼラチン 小さじ1/2(1.5g)
0.8g
仕上げ用生クリーム 大さじ2(30g)
パプリカパウダー お好みで

作り方

  • 茹でたとうもろこしは包丁で実を切り落として、牛乳とあわせてミキサーやブレンダーで滑らかにする。
  • ①を鍋に入れて火にかけて温め、粉ゼラチンをふり入れて混ぜて溶かす。混ざったら生クリームと塩を加えて混ぜる。
  • ②の粗熱が取れたら容器に入れて冷蔵庫で冷やし固める。
  • 仕上げ用の生クリームを軽く泡立て、固まった③の上にかける。お好みでパプリカパウダーをふる。

管理栄養士からのコメント

なめらかなとうもろこしのムースは噛むことが辛いときでも食べやすく、口内炎が辛い時もなめらかな口あたりでおすすめです。牛乳からは、口内炎予防・解消に役立つビタミンB2を摂取できます。調整豆乳でも作れますし、生クリームを追加するとエネルギーアップにもつながります。グラスで1個ずつ作ってもよいですが、大きなボウルやタッパーなどで作って、食べやすい量をスプーンですくって盛り付けても素敵に仕上がります。食欲がないときなどは少しずつ盛り付けたほうが食べやすいかもしれませんね。また、パプリカパウダーは飾りなので、なくてもよいです。味わいにアクセントが欲しいときは黒コショウをふったり、ディルやチャービルなどのハーブを添えたりしてもよいでしょう。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;