がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピさばのコチジャン煮

管理栄養士監修レシピ掲載

さばのコチジャン煮

調理時間 : 20分

エネルギー 327kcal/たんぱく質 22.1g/食塩相当量 1.8g

STORY

定番のさばの味噌煮に、コチジャンを入れて変化をつけてみました。コチジャンは唐辛子味噌とも呼ばれますが、辛いというより甘辛い味で、ごはんがすすむおいしさです。

材料(2人分)

  • さば半身1枚(200g)
  • しょうが10g
  • 3/4カップ(150ml)
  • コチジャン大さじ1.5(27g)
  • 大さじ1(15g)
  • みそ大さじ1/2(9g)
  • 砂糖大さじ1/2(4.5g)
  • ししとう4本(16g)
  • 小さじ1(4g)

作り方

  1. さばを半分に切ってボウルに入れて熱湯をかけたら、ザルにあげて水気を切る。しょうがは薄切りにする。
  2. 鍋にしょうが・水・コチジャン・酒・みそ・砂糖を入れて火にかけ、煮立ったらさばを加えて煮る。
  3. 10~15分程、煮汁をかけながらとろみがつくまで煮詰める。
  4. フライパンに油をひき、ししとうを焼いて、③とともにお皿に盛る。

管理栄養士からのコメント

味がしない悩みがあるときは、味に変化をつけたり、少ししっかり味をつけたり、食べやすいように工夫してみましょう。コチジャンは豆板醤と似ていると言われますが、豆板醤は辛い調味料なので間違えないようにしてください。煮る前に熱湯をかけることで、魚の臭みを落としておいしく仕上がります。これは霜降り、湯引きなどと呼ばれ、おいしい煮魚に仕上げるために行いたい下処理です。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.