がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピじゃがツナディップ

管理栄養士監修レシピ掲載

じゃがツナディップ

調理時間 : 10分

エネルギー 189kcal/たんぱく質 10.1g/食塩相当量 0.3g

STORY

朝食のパンにあう、甘くないディップを考案してみました。患者さんにも大変好評でした。

材料(2人分)

  • じゃが芋120g(中1個)
  • ツナ缶 油漬け1缶(70g)
  • ヨーグルト大さじ1
  • 枝豆12粒
  • カレーパウダー小さじ1/2

作り方

  1. じゃが芋は皮をむき1㎝のいちょう切りにする。
  2. 鍋にじゃが芋を入れて、ヒタヒタの量の水(分量外)を入れて火にかけ、中火で6分間茹でる。
  3. ザルにあげて水気を切ったら、ボウルに入れて、かたまりがなくなるまで潰す。
  4. ③が熱いうちに、ヨーグルトとカレーパウダーを入れて、全体をよく混ぜ合わせたら、枝豆を入れて完成。

管理栄養士からのコメント

この料理の材料である、ツナ缶=まぐろやじゃが芋には、ビタミンB6が豊富に含まれています。ビタミンB6には皮膚や粘膜等の再生を助ける働きがあるので、口内炎がある方にはまぐろやじゃが芋はおススメの食材です。また、ヨーグルトをじゃが芋が熱いうちに混ぜ込む事で、酸味が飛び口当たりと共にまろやかになります。味付けはツナ缶のみですので、醤油がしみる方にもおすすめです。カレーパウダーは風味付けとしていれてますので、刺激は少ないので安心してお召し上がりいただけます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.