がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピマッシュポテト+エッグ

管理栄養士監修レシピ掲載

マッシュポテト+エッグ

STORY

じゃが芋のザラザラした食感が苦手な方が食べてくれたレシピです。マッシュポテトにすることで、口内炎への刺激を少なくなるよう工夫しています。

材料(2人分)

  • じゃが芋200g (目安2個)
  • マヨネーズ大さじ1
  • 牛乳大さじ2
  • 2個
  • 無塩バター10g

作り方

  1. じゃが芋は皮をむいて1㎝角に切る。
  2. 鍋に①が浸かるくらいの水(分量外)を入れて火にかける。
  3. 沸騰したら弱火にし、崩れるくらいの軟らかさになるまで10分程茹でて、湯を捨てる。
  4. ③が熱いうちに潰して、マヨネーズと牛乳を加えて、さらに混ぜながら潰す。
  5. なめらかになったら耐熱皿に④を入れ、卵を上から割り載せる。
  6. バターを上から載せて250℃に予熱したオーブンで10分焼く。

管理栄養士からのコメント

マッシュポテトに卵を混ぜながら食べることで、薄味でも美味しくいただくことができます。刺激にならないように口内炎には薄味と柔らかさがポイントです。朝食のパンにもよく合うおかずです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.