がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ大根の豆乳クリーム煮

管理栄養士監修レシピ掲載

大根の豆乳クリーム煮

調理時間 : 25分

エネルギー 76kcal/たんぱく質 4.4g/食塩相当量 0.7g

0

STORY

大根は消化酵素を豊富に含み、下痢をしている時におすすめの食材です。豆乳を使用することで口当たりが良くなりますので、口腔内やのどの痛みがあるときにも召し上がりやすいでしょう。大根を薄く切ると噛むのが辛い方にも食べやすく、調理時間も短縮できます。

材料(2人分)

  • 大根200g
  • 100ml
  • コンソメ小さじ1/2(1.5g)
  • 豆乳1/4カップ(100ml)
  • 味噌小さじ1(6g)
  • 片栗粉小さじ1(3g)
  • 小さじ1
  • パセリ適量

作り方

  1. 大根は1cmくらいの厚さのいちょう切りにする。
  2. ①を耐熱容器に入れ、大根がかぶるくらいの水を入れる。電子レンジ(600w)で大根が柔らかくなるまで(5分以上を目安に)加熱する。
  3. 鍋に水100ml、コンソメ、②を入れ5分ほど煮る。
  4. ③に豆乳を加え、弱火にかけ温まったら味噌を溶きいれる。
  5. 小さじ1の水で溶いた片栗粉を加え、とろみをつける。
  6. 器に盛り、パセリを散らす。

管理栄養士からのコメント

大根の下茹でを電子レンジで行うことで、時短になります。大根によって柔らかくなりにくいものがありますので、電子レンジの加熱時間を調節してください。豆乳は沸騰させると分離してしまうので、弱火でゆっくり加熱しましょう。人参やブロッコリー、ほうれん草などの野菜や鶏肉などを加えて豆乳シチューのようにしてもおいしく召し上がれます。隠し味に味噌を使用することでほんのり和風の味付けになり、ご飯にもよく合う味になりますのでお試しください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.